アグリライフ・シェアリング構想推進事業について

全国的に、里山農村部の人口減少に伴う農林業者の減少、従事者の高齢化などによる 耕作地や里山林の放棄・放置、人・モノ・資金・情報など地域内の資源の利活用がなされていないといった「農村の活力低下」が問題視され、地域内だけでは里山農村の有効的な活力維持が困難になることも危惧されています。
一方で、都市近郊の豊かな自然環境の下でのやすらぎやうるおいを求め、農作業体験や農林業支援・里山農村生活(居住含め)の魅力・需要を感じる都市住民が増加してきている傾向にあるともいわれています。
これらの背景に関して、実際に“里山農村部(農林業従事住民)”と“(近郊)都市住民”が、農林業・農作業に関して現実に感じておられることや潜在的に希望しておられることを明らかに(見える化)するための第一歩として、今回、阪神北県民局では(一般社団法人 兵庫総合研究所を通じて)、阪神地域の方々を対象に調査を実施することとなりました。是非とも、ご協力お願いいたします。

アンケートに回答する